IMPORT & SELECT SHOP “EASTER KASHIWA” BLOG

柏神社の裏でIMPORTSHOPをはじめ早9年、 ストリート系からアメカジ系まで 幅広いアイテムを, GOOD PRICEで提供し続けるEASTER KASHIWA

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

THE GOLDEN DVD / The Carnival 2009!!

THE GOLDEN DVDThe Carnival 2009EASTER

THE GOLDEN DVD / The Carnival 2009 DVD+MixCD

"ストリート繋がり"、つまり現場を共にする仲間であり、
また良きライヴァルたちのコネクション。
その一同が会する関西ヒップホップ、春の祭典=The CARNIVAL
『FOCUS Of Street's Attention』という名のミックステープ・スタイルで、
派閥うんぬん関係なく毎月“今ヤバい誰か”に
スポットを当ててきた同シリーズ(昨年冬に2ndシーズンに突入)からも判るように、
そのF.O.S.A.から始まったFOCUS興業は、
ただひたすらにその基本理念を大切に大阪から全国へ向けて
“HOTなストリートスター”たちを紹介し続けてきた。
それは、そもそも良くも悪くもキャピタル東京に媒体が集中している現状に対して、
(昔から層の厚いシーンがある)関西エリアを忘れてもらっちゃ困る!
とばかりに突きつけたネクスト・レヴェルの地に足着いた手作りメディアだった。

その首謀者であり、この『THE CARNIVAL』の主宰者である
Hi-A+ PRODUCTIONのVAXIM & NAOtheLAIZAと、 「OSAKA SAFARI」 等の
ビッグパーティーのレジデンツとして知られるDJ GEORGEの3人の
“音源制作とパーティーの両輪バランスを保つ、
つまり行動力が命の裏方トライアングル”は、F.O.S.A1stシーズンのフィナーレの場として、
“アメ村を騒がすいつもの面子で、いつものクラ ブイベント/パーティーとは
一味も二味も違う多角的で大掛かりなステージを提示”すべく
(ライヴはヤマカシBANDとの生バンド・ショウ)、
’07 年のゴールデン・ウィークの真っ只中、5月2日に大阪BIG CATで
文字通りの“収穫祭”を行い、そのライヴDVDとサウンド・トラック盤を全国流通させ、
その翌年にはより自由度が高くオールナイトで“遊べる”studio PARTITAにステージを移し、
フリースタイル、ライヴ、ダンスの各部門のバトル予選で勝ち抜いた
若き猛者たちの最終決戦が組まれたり、野外ではブロック・パーティー、
スケートランプ、屋台も並び、スケールアップした“関西の祭り”に。
さらに3回目となる昨年(つまり、このDVD、ミックスCDというフォーマットに
切り取られた2009年版)は、舞台を3つに増やし、のべ16時間にも及ぶ長丁場となった。
そして今年は、初のUSからのレジェンド・ゲスト(スミフン・ウェッソンに、
エリート・フォース!)を迎えたメイン・ステージでの「The Golden Live」を始めとする
“6つのライヴの集合体”で、過去最高の祭りを演出してくれるハズ、だ。
その実行委員会を代表してキーマン=DJ GEORGEに過去を振り返ってもらった。

「1回目は、“F.O.S.A”の集大成でしたね、まさに。
あと、連休中に、普段クラブに来れない若い子たちに見せたかった、
というのもあって。ただ、デイ・イヴェントにするにはボリュームがありすぎて・・・。
で、2回目からオールナイトに開き直って(笑)、お祭りらしくなったというか。
PARTITAという環境もありますけど、自由に行き来できる舞台を増やして、
長時間遊べるようにしたのもあるし、バトルもあって、
2回目から『The CARNIVAL』はこんな感じや!という核が固まってきたと思います。
“関西万歳!”というキーワードの説得力も出てきたし、いい意味で文化祭っぽくなったと。
個人的には、エリアやジャンルの縛りの中で活動するんじゃなくて、
広い意味でジャパニーズ・サイドということだけを意識してます。
だから、(SCARSの)STICKYのライヴDJもやるし。
でも、この『The CARNIVAL』では、やっぱりライヴ・アクトは関西勢、
しかも現場のプロップスの高い連中にこだわりたいし、メジャー、インディー関係なく、
その力を結集させて見せつけたい!という気持ちが強いですね。
それと、最近はラッパー、DJ、ダンサーとか、
それぞれの分野でやってるクラブ・イヴェントが多いですけど、
“ヒップホッパーが集まった大型イヴェント” にしたいんですよね。
その“違い”は大きいと思います。今回はスミフンやエリート・フォースにも
出てもらうんですけど、自分達が楽しむ、という以上に若い子にも観て欲しいんで。
そんな風に、大きなお土産を持って帰って欲しいですね。

このミックスCDは、昨年の出演アーティストたちの「この曲使って!」
というリクエストの元に構成したものなんで、これまでの自分名義の作品とは違って、
まとめるのが難しかったですね。
個性的なスタイルのアーティストが多くて、
しかも色んな方向を向いてるんで。そこも大阪らしいかな、と。
ヒップホップに救われた人間が熱い夢を語った曲もあれば、
ひたすらILLな言葉遊びに徹した曲もあって。
色んなタイプの人が、それぞれハマる瞬間がある、と思います。
遠方の人もこのDVDやミックスCDで興味持ってもらって、
ぜひ当日足を運んで欲しいですね。
去年と今年はまたラインナップや内容も違うし、
毎年“過去最高”も祭りをみんなで作っていきたいんで。
SHINGO★西成君じゃないですけど、
生はもっと“ヤバい、ヤロ??”と言いた いです。ハイ」 

ーLIVE ACTー
ABNORMAL BULUM@ ANARCY EMI MARIA GEOGE
GM YOSHI HIROM Jr. JAY' ED KO-JI ZERO THREE
MAR & YOUNGI MINAMI NITEMEN RYUZO
SHINGO☆西成 URALi WOLF PACK WORD SWINGAZ
22 & GAZZILA 韻踏合組合 茂千代

ーDANCE ACTー
HEX BEX MORTAL COMBAT SAKURA URBAN LINE VENOM

ーHOSTー
MACKO MC AMI


スポンサーサイト

| ●CD紹介 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://easterclothing.blog57.fc2.com/tb.php/398-46adc72f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT